学校長あいさつ
                                                   校長  岩澤 正明
  

  飯能高校は、大正11年に開校され、今年で創立96年目を迎えます。この間、卒業生は2万4千人を越えています。多くの先輩達が地元飯能市はもちろん全国の様々な分野で活躍をしています。こうした諸先輩方が培ってきた伝統を継承し、更に発展充実し、地域からも愛される学校となれるよう努めています


 本校では、学力向上を目的として少人数クラス編成や習熟度別授業などを取り入れた「ステップアップクラス編成」により生徒の進路実現を図ると共に市内幼稚園、保育園、小中学校の教育活動への生徒や教員の派遣や駿河台大学や武蔵野学院大学・短期大学での講座受講など「異校種交流」を行い地域に密着した学校づくりに取り組んでいます。

 また、英語検定、漢字検定など資格取得にも力を入れ英語検定は1年次全員受験となっており、昨年度は、2年生で準1級合格者を出すことができました。この資格を活用して進学する生徒も増えています。

 さらに高校生活のもう一つの柱となるのが部活動や学校行事です。昨年度はチアダンス部がNDA全米オールスター・チアダンス選手権で2度目の準優勝、女子ホッケー部の9年連続全国高校総体出場に加え、陸上競技部が全日本ユース選手権、弓道部が関東選抜大会に出場し、今年度の活躍が期待されます。また、榛の木祭やウォーク21などの学校行事にも生徒全員が一生懸命取り組んでいます。


 飯能高校では、情熱あふれる先生方が生徒一人一人の得意分野を伸ばし、不得意分野を克服する手助けをしていきます。

 高校という一番輝ける時期、将来の夢や目標の実現に向け、高い志を持ち、自分の可能性を余すことなく発揮してもらいたいと思っています。

 主役は君たちです。一人一人の素晴らしい『飯高物語』を創り上げ、 90年を超える伝統の上に、君たちの手で新たなページを加えてください。

 

日誌

校長室より >> 記事詳細

2016/09/01

第2学期始業式

Tweet ThisSend to Facebook | by:更新担当

 第2学期が始まりました。始業式では、本校のビックニュースと命の大切さについて話をさせてもらいました。

 この夏は、オリンピックイヤーと言うことで日本のメダルラッシュにわきました。テレビに釘付けになって寝不足になった人も多いのではないでしょうか。
本校でもこの夏休み中にうれしいニュースがたくさんありました。

 先ず1つ目ですが、1年生の後藤槇壱君が飯能河原で近くのバーベキュー場の方とともに溺れた小学校2年生の命を救ったとして飯能警察署長から感謝状をいただきました。後藤君の冷静な判断と迅速な行動そして勇気を讃えたいと思います。

 2つ目は、部活動の活躍です。この夏もそれぞれの部活動が一生懸命に練習に励んでいました。その中で、1学期の終業式でも話をしたホッケー部のインターハイ出場はお話ししましたが、陸上部の2年生小林聖菜さんが、三段跳びで10月に名古屋で行われる日本ジュニア・ユース陸上競技大会のユースの部の標準記録を突破し出場権を獲得しました。そして、弓道部では、2年生の新井遥騎君が関東高校弓道個人選抜大会県予選会で第5位となり9月に明治神宮で行われる関東大会への出場が決まりました。本大会での活躍を期待したいと思います。

 さて、先ほど後藤君の人命救助のお話しをしましたが、県内では、東松山で16歳の少年が、中学生を含む少年たちに暴行を受け、命を落とすという痛ましい事件が起こっています。亡くなった少年は、高1で中退したということですから2年生と同じ学年です。加害者を含めこの事件に係わっている者は、君たちと同年代ということになります。改めて命の大切さを考えてもらいたいと思います。後藤君の行動は、一人の命を助け、一方少年たちの行動は一人の命を奪うことになりました。奪われた命は、戻りません。「そのつもりはなかった」ということばをよく聞きます。彼らも言っているようです。なぜ、制止したり、回避できるような勇気ある行動がとれる者がいなかったかと残念です。自分たちが招いた結果を生涯負っていかなければならないことになります。そして、忘れてはならないのは、被害者の家族の悲しみです。特にこうした若い命が失われると言うことは残された者にとってはこの上ない悲しみだと思います。私は、前の学校で2人の生徒を失いました。1人は交通事故、もう1人は、病気でした。2人の葬儀での親御さんの悲しみは大変なものでした。

 君たちは今こうして生きています。君たちの命に意味のない命はありません。自分の命を大切にし、他人の命を尊重する心を忘れず、しっかりと生きてもらいたいと思います。

 2学期は、一番長い学期ではありますが、文化祭、修学旅行、ウォーク21など大きな行事が盛りだくさんです。行事に流されているとあっという間に学期末になってしまいます。また、3年生は、就職試験、推薦入試等が始まり、いよいよ進路に向け総仕上げの時期になります。本腰を入れて悔いの残らないよう頑張ってください。


14:30 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
歴代校長
25   今井 茂夫   平成24.04.0127.03.31
24  岩﨑  和友     平成21.04.01〜24.03.31
  
23  加藤 吉男    平成17.04.01〜21.03.31
22  飯塚 和夫    平成15.04.01〜17.03.31
21  石川 富夫    平成12.04.01〜15.03.31
20  椙田  隆    平成08.04.01〜12.03.31
19  宇津木 輝勝   平成04.04.01〜08.03.31
18  山田 武正    平成02.04.01〜04.03.31
17  石田 久     昭和62.04.01〜平成02.03.31
16  荻窪 近義     昭和59.04.01〜62.03.31
15  小平 勇       昭和53.04.01〜59.03.31
14  沼部 要       昭和50.04.01〜53.03.31
13  細田 宏一     昭和48.04.01〜50.03.31
12  長谷部 剛二   昭和45.04.01〜48.03..31
11  塚越 正佳     昭和42.04.01〜45.03.31
10  新井 孟       昭和40.04.01〜42.03.31
 9  中村 由蔵     昭和32.04.01〜40.03.31
 8  林 達也       昭和28.08.16〜32.03.31
 7  井上 智真     昭和22.07.11〜28.08.05 
     井上 智真     昭和22.02.10〜22.07.11
 6  橋本 惣右衛門 昭和21.03,30〜22.02.01
 5  松浦 松尾     昭和16.03.31〜21.03.30
 4  宝月 勇三郎   昭和11.05.08〜16.03.31
 3  栗岡 亀治     昭和08.04.17〜11.05.08 
   井上 智真     昭和08.03.25〜08.04.17
 2  狩野 益三     大正14.05.29〜昭和08.03.25
 1  吉川 与一     大正11.05.01〜14.05.29