男子バスケット部


チーム名 : HANNO RAMBLERS
部員数  : 28名(2年11名、1年13名、女子マネージャー4名)
【練習日】
■月~金曜日:練習(女バスとの体育館ローテーション)
 ※平日の水曜日は基本的にOFF
■土・日曜日:練習or練習試合など
 (前半→9:00~13:00、後半→13:00~17:00)

  
 (公式戦用ユニフォーム黒・白)     (練習試合用リバーシブル白・紫)
 

日誌

活動日誌 >> 記事詳細

2017/08/29

男子バスケットボール部 ~西部支部大会~

| by:更新担当
8/27(日) 2回戦
所沢北 ○ 78-59 ● 飯能
(15-13、20-7、16-15、27-24)
  
  
↑試合中の様子です。『この敗戦が財産となった』と後に言えるようにこれからの練習に励みたいと思います。

 1回戦を予期せぬ不戦勝で通過したRamblersにとっての初戦となったこの試合。相手は現3年生の代では常に地区のベスト4を死守したシード校の所沢北高校でした。
 試合序盤は激しい攻防となりました。ミーティングでも確認した相手がペースを掴みそうになる場面ではきっちりと守きることがで、互角の展開に持ち込めました。DFのシステム変更も功を奏し、良い流れで試合は進みました。しかし、試合中盤でミスからの得点を相手に献上してしまい、その点差が最後まで尾を引く形となりました。それでも、相手の執拗なDFを最後まで受け止め、逃げずに相手に向かって行く姿勢をRamblersの選手は崩しませんでした。

 「あの場面でこうしていれば・・・」
 「あそこでこのDFをしていたら・・・」
 「あのタイムアウトを取っていれば・・・」

顧問としても『~たら』 『~れば』の回顧がつきぬ内容でしたが、敗戦を受け止めより一層の成長をして新人戦で県大会出場を果たします。K-cup・栃木遠征・新潟遠征と実戦を通じてチームビルディングを進めてきた中で、今回の大会で『勝利という結果』が伴わなかったことはチーム全員が悔しさを感じています。それでも、ありきたりな言葉になってしまいますが、この夏でチームはもとより一人一人の選手が本当に成長しました。

 試合に出ることが出来なかった選手が、今大会で控えながらプレータイムを確保したこと。
 ユニフォームをもらえなかった選手が、ベンチ入りを自らの努力で勝ち取ったこと。
 チーム内の競争に勝つべく、自らを変化させようとしたこと。

ほんの一例を挙げましたが、ここには挙げきれない変化と成長をこの夏休み期間中に選手は遂げてきました。顧問・コーチとして非常に嬉しい限りのこの現状。その分、結果が伴わなかったことが悔しい・・・次は勝ちます(^^)

今大会で対戦していただいた所沢北高校の先生方と選手の皆さん、審判・TOをしていただいた皆様、暑いなか会場まで応援に足を運んでいただいた保護者の皆様と飯高生諸君、本当にありがとうございました。

【おまけ】
8月26日に飯能市民会館で学校説明会が行われました。その後の学校見学では、男子バスケット部は大会前のため残念ながら練習は終わってしまっていました。もし、来年は飯能高校で【バスケットボール部に!!】という現中学3年生がいましたら、見学等は随時受け付けております。男子バスケット部顧問 梅田(042-973-4191)まで連絡をいただければと思います。 

10:48

2014県大会(※黒のユニフォーム:飯能高校)

2012県大会(※白のユニフォーム:飯能高校)

第5回 飯能日高地区中学校バスケットボールクリニック開催!!

第5回 飯能日高地区中学校バスケットボールクリニックが2015年2月11日に、飯能高校を会場として、開催されました。当日は、約150名の生徒が参加して、午前中はバスケットのシュートやディフェンスのクリニックが行われ、午後は飯能高校と飯能南高校のミニゲーム、高校と中学のミニゲームが行われ、大変充実した一日を送ることができました。
 

バスケットクリニックの様子

男子バスケット部(2016大会結果)

2016(H28)年度

☆春季高校選手権大会
 
2016.04.30 1回戦       飯 能  79 - 66 市立川越
2016.05.03 2回戦       飯 能  59 - 78 入間向陽


☆インターハイ西部支部予選
2016.05.28 1回戦       飯 能  55 - 85 坂戸西
 

男子バスケット部(2015大会結果)


2015(H27)年度
                                                          
☆春季高校選手権大会
 
 2015.04.26 1回戦       飯 能 124 - 66 西武台 
 2015.04.28 回戦       飯 能  68 - 80 豊 岡

☆インターハイ西部支部予選
 
 2015.06.02   1回戦       飯 能  79 - 69 朝 霞
 2015.06.05   2回戦         飯 能  46 - 71 川越東   
 
☆西部支部大会
                                                     
 2015.08.17    1回戦       飯 能  48 - 77 細田学園
                                          
 ※1年生の本吉 凌大(所沢美原中出身)、原田 光太朗(所沢小手指中出身)、新堀 優人(日高高麗川中出身)の3名が、西部                            支部エンデバーの候補選手にノミネートされました。

☆新人大会西部支部予選
                                                     
 2015.11.01        1回戦       飯 能  75 - 79 星野
                                          


 

男子バスケット部(2014大会結果)

2014(H26)年度
                                                          
☆春季高校選手権大会
 
 2014.04.26 1回戦       飯 能  89 - 49 狭山工業(シード校)
 
 2014.04.29 回戦       飯 能  75 - 71 和光国際
 2014.05.02 ブロック決勝戦    飯 能  72 - 67 川越東(シード校)         
2年ぶりに、県大会出場権獲得しました!!

☆関東大会県予選
 
 2014.05.09  1回戦       飯 能  73 - 45 杉戸    (県ベスト16決め)
 2014.05.12  2回戦       飯 能  44 -104 正智深谷 (県ベスト8決め)

※杉戸高校に勝ち、2年ぶりに県ベスト16となりました!!


☆インターハイ西部支部予選
 
                    1回戦       シード
 2014.06.06   2回戦       飯 能  69 - 64 埼玉平成
 2014.06.08   ブロック決勝戦    飯 能  42 - 50 川越西   
 
☆西部支部大会
                                                     
 2014.08.23   1回戦       飯 能  89 - 74 志木
 2014.08.28   2回戦       飯 能  75 - 48 川越工業
 2014.08.31   3回戦       飯 能  70 -123 川越南                                                                                      

※西部支部ベスト16となり、シード権を獲得しました。
※小林 優仁(飯能原市場中出身)、小西 智士(飯能西中出身)、伊藤 拓巳(所沢中出身)の3名が、西部支部エンデバーの候補選手にノミネートされました。

☆新人大会西部支部予選

                    1回戦       シード
 2014.11.15   2回戦       飯 能  71 - 66 坂戸
 2014.11.17   3回戦       飯 能  65 - 67 川越東
 2014.11.21   敗者復活1回戦 飯 能  58 - 74 武蔵越生

   2014.11.23   敗者復活2回戦 飯 能  67 - 66 志木

県大会出場権獲得
しました!!

 男アベックでの県大会出場は、実に、28年ぶりの快挙です!!

☆新人大会県予選
 
 2015.01.11  1回戦       飯 能  51 - 65 所沢西

 

男子バスケット部(2013大会結果)

2013(H25)年度
 
☆春季高校選手権大会
 
 1回戦       飯 能  97 - 68 志 木
 2回戦       飯 能  79 - 82 山村学園
 
         
☆インターハイ西部支部予選
 
 1回戦       飯 能 169 - 16 自由の森
 2回戦       飯 能  72 - 86 飯能南
 
 
☆西部支部大会
                                                     
 1回戦       飯 能  69 - 44 城北埼玉
 2回戦       飯 能  60 - 68 ふじみ野
 
※野村 悠河(所沢南陵中出身)、一戸 弥湧史(所沢三ヶ島中出身)の2名が、西部支部エンデバーの候補選手にノミネートされました。
 
 
 ☆新人大会西部支部予選
 
  1回戦       飯 能 108 - 81 新座柳瀬
 2回戦       飯 能  55 - 71 西武文理
 
 

男子バスケット部(2012大会結果)

2012(H24)年度
 
☆春季高校選手権大会
 
 1回戦       飯 能  99 - 70 朝霞西
 2回戦       飯 能  73 - 64 川越東
 ブロック決勝戦   飯 能  63 - 60 川越西
 
26年ぶりに、県大会出場権獲得しました!! 
 
 ☆関東大会県予選
 
  1回戦      飯 能  81 - 76 浦和北 (県ベスト16決め)
  2回戦      飯 能  59 - 87 春日部 (県ベスト8決め)
 
※接戦の末、浦和北高校に勝ち、県ベスト16となりました!!
         

☆インターハイ西部支部予選
 
 2回戦       飯 能  98 - 79 川越工業
 ブロック決勝戦   飯 能  87 - 40 和光国際
 
 2大会連続、県大会出場権獲得しました!!
 
 ☆インターハイ県予選
 
 1回戦       飯 能  71 - 91 埼玉栄
 
※第1クォーターは19対21と頑張りましたが、第2クォーターに離され前半を終了して15点のビハインド。後半は粘って追い上げましたが、結局20点差で負けました。県ベスト32で、3年生は引退となりましたが、これまで朝練習で、自分たちで天覧山に走りに行くなどして、26年ぶりの県大会出場を果たしてくれました。本当によく頑張ってくれました。
 
 
☆西部支部大会
                                                          
 1回戦    シード
 2回戦    飯 能  91 - 80 市立川越
 3回戦    飯 能  74 -107 飯能南
 
西部支部ベスト16となり、新人大会西部支部予選のシード権を獲得しました。
 
※天野 大希(飯能西中出身)、川山 祐大(飯能原市場中出身)、野村 悠河(所沢南陵中出身)の3名が、西部支部エンデバーの候補選手にノミネートされました。
 
☆新人大会西部支部予選
 
 1回戦    シード
 2回戦    飯 能  64 -101 所沢北
 
 

バスケットボールとは・・・

バスケットボールとは、人生そのものである

 オフェンスでは、自分にパスが回ってきてシュートを狙わなければ、決して得点は取れません。
失敗を恐れない勇気が必要です。
 ディフェンスでは、必死にみんなで力を合わせて守らなければ、相手に得点を許してしまいます。仲間との協力が必要です。
 試合時間残り20秒、1点リードしていてオフェンスの時に、すぐにシュートをして外してしまい、相手に速攻をやられて逆転負けをする時もあります。常に時間を意識して行動しなければなりません。
 第3クォーター30対50で負けていたとしても、諦めなければ第4クォーター61対60で試合に勝つこともできます。諦めなければ、奇跡は起こります。
 練習が辛くて、休みたくなる時も、逃げ出したくなる時もあります。しかし、そこで逃げてしまえば、何も達成することはできません。Practice makes perfect.(継続は力なり。)
 
このように、バスケットボールでは、人生にとって大切な事が、いろいろと試されてきます。真剣に取り組めば取り組むほど、自分の人生がどんどんと良くなっていきます。

   心が変われば、態度が変わる。
  態度が変われば、行動が変わる。
  行動が変われば、習慣が変わる。
  習慣が変われば、人格が変わる。
  人格が変われば、運命が変わる。
  運命が変われば、人生が変わる。

 そして、一番大切なのは「心」です。どんなに能力が高いプレーヤーがいたとしても、練習を真面目にやらなかったり、先生がいないとふざけてしまう人がいれば、チーム全体のモーチベイション(意欲)は上がりません。悪い習慣ではなく、良い習慣が身についていけば、必ずバスケットでも勉強でも結果が変わってきて、最終的には人生が変わってきます。

 最後に、一番大切な「心」とは何ですか?それは「考え方」です。

      「能力」×「熱意」×「考え方」   = 人生の結果(バスケットの結果等)

  例①   80 ×   20   ×   +10     =   16,000
  例②   20 ×   80   ×   +10     =   16,000    
  例③  20 ×   80   ×   -10     =  -16,000   
  例④   20  ×   80   × +100   =  160,000

 上の例①から④を見て下さい。例①の人は、「能力」は高いのですが、「熱意」や「考え方」が低いです。これは例②の人と合計得点では変わりません。さらに、例③の人は「考え方」がマイナスなので、合計点がマイナスになってしまいます。ところが、例④の人は「能力」と「熱意」は例②③の人と同じなのですが考え方」がとてもプラス思考なので、合計が16万点にもなっています。要するに、どんなことをやるにしても、Positive Thinking (前向きな考え方)を持って取り組むことが、大変重要なのです。そして、何度失敗しても、挑戦し続けてください。夢は必ず実現します。
                                                                                       BAN   YOSHINORI
                               飯能高校男子バスケットボール部顧問  坂  佳 憲

 

2016 中学生の皆さんへ

 中学時代からバスケットを始め、一生懸命やってきたのに結果がでなかった人、県大会に行けなかった人、決してあきらめるのはまだ早いです。頑張ろうとする意志させあれば、必ず道は開けます。今年の春の関東大会県予選でも、ノーシードから勝ち進み、県ベスト16になることができました。
 飯能高校男子バスケット部は、基礎と礼儀を大切にして、毎日みんなで声を掛け合いながら、良いところはほめ合い、悪いところは直すように努力を続けています。
 目標は、「一つでも多く勝ち進んで、県大会・関東大会に出場することです。」しかし、最大の目的は、「時間を守り、礼儀を大切にして、人に言われなくても自分から積極的に動ける人、社会に出ても、世の中のため、人のために貢献できる人材を育成することです。」
 やる気のある人は、是非、飯能高校男子バスケット部に入部してください。お待ちしています。
 

2012.05~

COUNTER20934