男子バスケット部


チーム名 : HANNO RAMBLERS
部員数  : 20名(2年12名、1年5名、女子マネージャー3名)
【練習日】
■月~金曜日:練習(女バスとの体育館ローテーション)
 ※平日の水曜日は基本的にOFF
■土・日曜日:練習or練習試合など
 (前半→9:00~ 後半→13:00~ 練習時間は2~3時間程度)

  
 (公式戦用ユニフォーム黒・白)     (練習試合用リバーシブル白・紫)
 

日誌

活動日誌
12345
2019/03/16

男子バスケットボール部 ~練習試合・春休み練習計画(3月)~

| by 更新担当
3/16(土) @小川高校
vs 小川高校

2週連続の練習試合は、北部地区の小川高校にお邪魔してきました。新人戦において県大会出場を逃した同校ですが、激しいDFと巧みなOFが魅力的でなチームです。加えて高い身体能力も有しており、Ramblersにとって西部地区とはまた違うバスケットボールを体感することができました。

内容の方ですが、「完璧!!」と言うには程遠く、まだまだ課題を掘り出している最中です。簡単なミスを続けてしまう点はチームの課題です(T-T)それでも、DFで今取り組んでいることが要所で見られた点は、チームとして成長が感じられました。

練習試合をしていただいた、小川高校の先生方と選手の皆さん、本当にありがとうございました。

さて、過日行われた合格発表の結果合格を勝ち取った皆さん、改めておめでとうございます。男子バスケット部としても、新入部員は絶賛募集中です。春休み中の予定を載せますので、参加希望の方は顧問の梅田まで連絡をお願いします。

【3月】
23(土) 練習試合 @狭山清陵
24(日) 神奈川遠征 @寒川高校
25(月) OFF
26(火) 練習 9:00~
27(水) Spring Camp
28(木) Spring Camp
29(金) 練習試合 @狭山清陵
30(土) 練習 9:00~
31(日) OFF

練習参加・見学等に是非お越し下さい!!お待ちしておりますm(_ _)m

19:07
2019/03/15

男子バスケットボール部 ~練習試合・卒業式~

| by 更新担当
3/10(日) @狭山工業
vs 狭山工業

 久しぶりの練習試合となりましたこの日。相手は高い個人能力を有し、粘り強いDFとハッスルプレーが身上の狭山工業です。今年度コーチの変更と共にバスケットスタイルも大幅に変更し、急成長中のチームです。そんな同校を相手に、Ramblersのテーマはざっくり言うと、
『DF』に焦点を絞りました。

 目指すべきDFがチーム全体で遂行されている時間はバスケットボールのテンポも良く、攻防の切り替えで高いアドヴァンテージを持つ事ができました。逆にこの点が疎かになると、低身長チーム故に相手に簡単に得点を許す場面が続きます。この日の収穫は、チーム全体がバスケットボールに対して積極性が出てきたこと。試合後に書いている部員の日誌からも、同様の意見がチラホラ(^^)少しずつ成長しているようです。

 練習試合をしていただいた、狭山工業の岡村先生と選手の皆さん、ありがとうございました。

話題は変わりますが、3月12日(火)に本校において卒業証書授与式が挙行されました。Ramblersからは11名が卒業し、新たな道へと巣立ちました。チームでどん底を経験し、そこから這い上がってきた3年生には敬意を表します。また、今後の活躍を顧問・部員一同期待しています!
10:00
2019/02/14

男子バスケットボール部 ~練習試合・飯能日高バスケットクリニック~

| by 更新担当
2/2(土) @所沢中央
vs所沢中央、川口工業

2/11(月) 【バスケットクリニック】 @日高高校
参加校:飯能南・日高・飯能&飯能・日高市内中学生

 学年末考査が差し迫ると同時に、県立学校の入試も差し迫って参りました。本校生徒はもちろん、受験を控える中学生の皆様も体調管理には細心の注意を払ってお過ごし下さいm(_ _)m

 さて、今月は序盤に約1ヶ月振りとなる高校生との練習試合を行って来ました。少ない人数ながらも、テンポの良いバスケットを得意とし今流行の「スモールバスケット」を体現する所沢中央高校。鍛えられたチームバスケットで効果的なバスケットを展開し、西部地区には希少なビッグマンを複数擁する川口工業高校。どちらも本当に良いチームでRamblersの今の立ち位置と、これから目指すべきバスケットが見えるゲームとなりました。顧問としても、これまで取り組んできた「2on2」が上手く機能しただろうか?を常に問いかけながらのゲームとなりました。まだまだ勉強していかないといけません(^^;)

 11日は毎年行われている中学生対象のクリニックです。作年度と一昨年度は記事を参照して下さい。
今年のテーマは、「ファンダメンタル」「ピック&ロール」「ドライブ」などなど。今後の高校生やその上のカテゴリーで必要であろうスキル等練習し、高校生によるジェスチャー加えながらの3時間となりました。クリニック冒頭で、、、

『地元に残って飯能日高のバスケットボール盛り上げてほしい、西部支部のバスケットボールを活気づけてほしい、埼玉県のバスケットボールをより強くしていってもらいたい。この中から、Bリーグ・3×3・NBAなどトップリーグで活躍する選手が出る事を願っています。』

という話しを顧問より全体にしました。バスケットへの関心が高まっているからこそ、学生バスケットボーラーにはより一層競技を楽しみ、上のステージを目指してもらいたいと切に願います。

練習試合をして頂いた各学校の先生方と選手の皆さん、クリニック開催にあたり会場を提供して頂いた日高高校の皆様、デモンストレーションを披露してくれた飯能南高校の皆様、飯能日高地区の中学校の先生方と選手の皆さん、本当にありがとうございました。


08:09
2019/01/21

男子バスケットボール部 ~合同練習・トレーニング~

| by 更新担当
1/12(土)に入間上藤沢中を招き、合同練習兼練習試合を行いました。現2年生の代となり入間市のチャンピオンとなった同校ですが、先日行われた県大会では惜しくも敗退してしまったとのこと。上には上がいるものです(^ ^;)

 合同練習は最初の1時間程度の実施にとどまりましたが、また時間が取れる際にはたっぷり練習をやりましょう!!内容ですが、普段Ramblersが行っているファンダメンタルと今月のテーマにも掲げている2on2の簡単な練習を行いました。その後の練習試合では、高校生に必死に立ち向かう姿が印象的でした。「チャレンジ精神」上藤沢中から感じられたこの気持ちは、我々も同じ事。春の大会ではシードチームを破り県大会出場を決めるべく、何事にもチャレンジする気持ちを選手・顧問一同忘れずいたいと思います。

1/19(土)には何度もご指導いただいている、今泉氏に依頼し再度トレーニングを行いました。年末の試合での反省を踏まえ、ボディーコンタクトに特化した内容で実施。毎回のことながら、モチベーションの維持・体の機能と向上のさせ方・バスケットボールへの繋がりなどただ「体を鍛える」だけでなく、その競技に繋がるように体をブラッシュアップさせる同氏の練習は顧問自身が勉強させられるばかりです。

 途中の練習も選手に混じり参加しますが、やはり体はかなりの疲労が蓄積されます。しかしながら、その状況でも何とか頑張ろうという気持ちにさせる手腕は、バスケットボールのコーチとして学ぶべき点がたくさんありました。

上藤沢中の先生方と選手の皆さん、トレーニングをご指導いただいた今泉さん、本当にありがとうございました。


14:03
2019/01/08

男子バスケットボール部 ~新年の挨拶・冬休み活動報告~

| by 更新担当
 新年明けましておめでとうございます。2019年も飯能高校Ramblersを宜しくお願い致します。
昨年は県大会まであと一歩というところで涙をのむ事が数多くありました。今年はその壁を打ち破るべく、練習を重ねチーム力を高めて行く所存です。最近、更新が滞っていましたので、色々とご報告致します。

冬季休業中は、練習試合と合同練習を数多く行いました。
12/23(日) 
 入間市野田中学校
12/24(月)
 飯能南
12/25(火)
 狭山工業、飯能南
12/27(木)~12/29(土) WRC西部地区バスケットキャンプ
 秦野(神奈川)、静岡商業(静岡)、市立松戸(千葉)、県立前橋・新島学園(群馬)、伊奈学園(南部地区)、熊谷(北部地区)、川越西・所沢西・川越工業・城西大川越(西部地区)

 こんなにもたくさんのチームと試合をする機会がありました。県内外問わず、Ramblersが今目指すべきバスケットを練習する本当に貴重な時間でした。1月からは新たなテーマを設定して練習に取り組みます。選手の更なる成長と飛躍のため、しっかりと土台を築いている最中です。
試合をしていただいた各学校の先生方と選手の皆さん、バスケットキャンプでの会場校の皆様と運営の先生方、本当にありがとうございました。

11:19
2018/12/03

男子バスケットボール部 ~スーパースター来校~

| by 更新担当
 11月27日(火)に東部地区の杉戸農業高校バスケット部顧問である、蓮見直樹先生にお越し頂いてスペシャルメニューを実施しました。埼玉県を横断して来て頂いたことに感謝しかありません(^ ^)※本当は当日にあった別の用件で来校して頂いてます。

 タイトルに触れないまま本文に入ってしまいましたが、蓮見先生のスーパースターたる所以を少し触れておきます。選手として幾度も埼玉県の頂点に立ち、個人でも埼玉県を代表して国民体育大会を戦った素晴らしい実績の持ち主。また、特筆すべきはその出身高校。春日部高校という、東部地区の公立高校であるということ。察しの通り、諸々の条件は我々Ramblersと同様でありながら埼玉県の頂点に立ち、個人でも素晴らしい成績を残したのです。

そんな人がやってくれた練習は至ってシンプル。

『ディフェンス』

声を出して、チームのルールをしっかりすれば強いチームにも戦える。練習の中で印象的な言葉です。強いチームを倒すために、我々はこの冬に【個】にフォーカスしてバスケットボールに取り組みます。そんな中で、切っても切り離せないのがこのディフェンス。時間にして僅か数十分ではありましたが、ディフェンスの魂を注入してもらいました!

蓮見先生、お忙しいところありがとうございました。


14:22
2018/11/26

男子バスケットボール部 ~新人大会西部支部予選③~

| by 更新担当
11/17(土) 県大会代表決トーナメント①
飯能 ● 69-100  坂戸
(15-25、14-27、18-27、22-21)

11/18(日) 県大会代表決トーナメント②
飯能 ● 51-104  山村学園
(8-32、12-19、15-26、16-27)

上記の結果の通り、新人戦において県大会出場を果たすことは出来ませんでした。両日共に保護者の方々、本校の生徒をはじめ多くの方からの応援を頂くことができました。しかしながら、力及ばず敗退となってしまいした。

夏の大会終了後から、この大会での県大会出場を目標に取り組んできただけに、敗退は選手も大きな悔しさを抱いたと思います。それでも、9月~11月にかけて個々のレベルだけでなく、チームとしても徐々に形になってきており、このオフシーズンにどれだけバスケットボールだけでなく自分自身と向き合えるかが大切になるでしょう。

地区大会も無事に終了し、ベスト4で3校が私学(埼玉平成・川越東・慶應志木)、公立は川越南の1校と私学優勢の流れがあります。Ramblersもこの冬にレベルアップを図り、『公立高校でも出来る!』と思わせるバスケットを身につけたいと思います。

この冬に向けて我々が課題とすべきことは、【個人の成長】だと大会を経て実感しました。どれだけ良いシュートチャンスを演出しても、最後に決めきる力がなければ全て水の泡。逆にタフなシュートチャンスでも個人で決めきるちからが有れば、チームには大きなプラスになります。県大会を決めたチームにはOFだけでなく、DFにおいても個人のスキルやハートが備わっていたように思います。さわやかに、そして、ひたむきに努力を重ねていきますm(_ _)m

今後もRamblersの応援を宜しくお願いします!!

Pray,and any flower of yours will come out.
(念ずれば花開く)

09:00
2018/11/14

男子バスケットボール部 ~新人大会西部支部予選②~

| by 更新担当
11/13(火) 3回戦※県大会代表決定戦
飯能 ● 44-96  川越東
(10-20、12-23、10-29、12-24)

上記の結果の通り、この試合で県大会出場を決めることはできませんでした。相手は夏の支部大会で準優勝し、第2シードの川越東高校です。Ramblersよりも、『でかい』『上手い』相手に怖じ気ずくのではなく
勇気を持ってバスケットボールをするように伝えコートに送り出しました。

序盤こそ何とか食らいつきますが、相手にリバウンドからセカンドチャンスを与えてしまい徐々に点差が開く展開に。また、こちらのシュートもリングに嫌われ点数も伸びず・・・課題が山積する内容になってしまいました。加えて、リバウンドの重要性、ボックスアウトの大切差を実感した試合でした。本来であればこの時点で大会は終了なのですが、今大会はこの後に敗者による代表決定戦が行われます。何とか西部の代表権を取るべく、次戦に向けて最良の準備をしたいと思います。

この日も、平日にかかわらず多くの保護者の方に応援に駆けつけていただきましたm(_ _)m本当に感謝です。まだ大会は続きますので、引き続き応援を宜しくお願い致します。


【代表決定トーナメント】
◆日時:11月17日(土) Wコート第3試合 12:00~
◆相手:坂戸高校
◆会場:ふじみ野高校


16:13
2018/11/12

男子バスケットボール部 ~新人大会西部支部予選①~

| by 更新担当
11/9(金) 2回戦
飯能 ○ 79-74 ● 所沢
(20-19、25-16、22-20、12-19)

 上記の結果の通り、3回戦に駒を進めることができました。夏の支部大会で第3シードを獲得していた同校は、Ramblersと比較して『上手く』『大きい』選手を擁するチームです。

 試合はRamblersが終始リードする展開で進みました。途中に点差が開きかけましたが、こちらのミスと相手のロングレンジのシュートによって僅差のままで進みます。それでも、終盤にこちらの『フリースロー』と『リバウンド』で相手に追いつかれることなく勝利することができました。簡単かつシンプルなプレーが勝敗を決めたと思います。次の相手は第2シードの川越東高校です。Ramblersらしくひたむきに、一生懸命にバスケットボールをして県大会出場を決めたいと思います。

また、試合当日は平日にもかかわらず、多くの保護者の方に応援へ駆けつけていただきました。ご多忙の中、本当にありがとうございました。引き続き応援宜しくお願い致します。

【3回戦】※代表決定戦
◆日時:11月13日(火) Sコート第3試合 13:00~
◆相手:川越東高校
◆会場:所沢市民体育館

09:18
2018/11/01

男子バスケットボール部 ~練習試合@飯能南~

| by 更新担当
10月28日(日)@飯能南高校
・飯能南

 もはやお馴染みとなりました飯能ダービー。お互いに新人戦前の総仕上げと銘打って練習試合をしてきました。ただ、Ramblersにいたっては体調不良者や怪我人等々でチームとしてベストコンディションではなく、改善の余地を多く残す内容となってしまいました。

 11/3(土)に新人戦初戦を控える同校にとっては、この日が実戦では最後の調整の日。かなり良い感じでバスケットボールが展開されていました。我々も必死にOF・DFを頑張りましたが、まだまだ及ばず・・・新人戦までの短い期間で新たな課題が見つかった事に喜びを感じつつ、現段階でのバスケットボールの未熟さに、より一層の向上心をもつきっかけとなりました。体調の管理、コンディションの管理、心の管理などなどチームだけでなく個人が気をつけなければならない点が山積しているこの時期。チームとしては4年振りとなる県大会出場に向けて、良い準備を積み重ねていきたいと思いますm(_ _)m

練習試合をして頂いた飯能南高校の先生方と選手の皆さん、本当にありがとうございました。お互い西部支部の予選を勝ち抜けるように頑張りましょう!

10:31
12345

2014県大会(※黒のユニフォーム:飯能高校)

2012県大会(※白のユニフォーム:飯能高校)

男子バスケット部(2016大会結果)

2016(H28)年度

☆春季高校選手権大会
 
2016.04.30 1回戦       飯 能  79 - 66 市立川越
2016.05.03 2回戦       飯 能  59 - 78 入間向陽


☆インターハイ西部支部予選
2016.05.28 1回戦       飯 能  55 - 85 坂戸西
 

男子バスケット部(2015大会結果)


2015(H27)年度
                                                          
☆春季高校選手権大会
 
 2015.04.26 1回戦       飯 能 124 - 66 西武台 
 2015.04.28 回戦       飯 能  68 - 80 豊 岡

☆インターハイ西部支部予選
 
 2015.06.02   1回戦       飯 能  79 - 69 朝 霞
 2015.06.05   2回戦         飯 能  46 - 71 川越東   
 
☆西部支部大会
                                                     
 2015.08.17    1回戦       飯 能  48 - 77 細田学園
                                          
 ※1年生の本吉 凌大(所沢美原中出身)、原田 光太朗(所沢小手指中出身)、新堀 優人(日高高麗川中出身)の3名が、西部                            支部エンデバーの候補選手にノミネートされました。

☆新人大会西部支部予選
                                                     
 2015.11.01        1回戦       飯 能  75 - 79 星野
                                          


 

男子バスケット部(2014大会結果)

2014(H26)年度
                                                          
☆春季高校選手権大会
 
 2014.04.26 1回戦       飯 能  89 - 49 狭山工業(シード校)
 
 2014.04.29 回戦       飯 能  75 - 71 和光国際
 2014.05.02 ブロック決勝戦    飯 能  72 - 67 川越東(シード校)         
2年ぶりに、県大会出場権獲得しました!!

☆関東大会県予選
 
 2014.05.09  1回戦       飯 能  73 - 45 杉戸    (県ベスト16決め)
 2014.05.12  2回戦       飯 能  44 -104 正智深谷 (県ベスト8決め)

※杉戸高校に勝ち、2年ぶりに県ベスト16となりました!!


☆インターハイ西部支部予選
 
                    1回戦       シード
 2014.06.06   2回戦       飯 能  69 - 64 埼玉平成
 2014.06.08   ブロック決勝戦    飯 能  42 - 50 川越西   
 
☆西部支部大会
                                                     
 2014.08.23   1回戦       飯 能  89 - 74 志木
 2014.08.28   2回戦       飯 能  75 - 48 川越工業
 2014.08.31   3回戦       飯 能  70 -123 川越南                                                                                      

※西部支部ベスト16となり、シード権を獲得しました。
※小林 優仁(飯能原市場中出身)、小西 智士(飯能西中出身)、伊藤 拓巳(所沢中出身)の3名が、西部支部エンデバーの候補選手にノミネートされました。

☆新人大会西部支部予選

                    1回戦       シード
 2014.11.15   2回戦       飯 能  71 - 66 坂戸
 2014.11.17   3回戦       飯 能  65 - 67 川越東
 2014.11.21   敗者復活1回戦 飯 能  58 - 74 武蔵越生

   2014.11.23   敗者復活2回戦 飯 能  67 - 66 志木

県大会出場権獲得
しました!!

 男アベックでの県大会出場は、実に、28年ぶりの快挙です!!

☆新人大会県予選
 
 2015.01.11  1回戦       飯 能  51 - 65 所沢西

 

男子バスケット部(2013大会結果)

2013(H25)年度
 
☆春季高校選手権大会
 
 1回戦       飯 能  97 - 68 志 木
 2回戦       飯 能  79 - 82 山村学園
 
         
☆インターハイ西部支部予選
 
 1回戦       飯 能 169 - 16 自由の森
 2回戦       飯 能  72 - 86 飯能南
 
 
☆西部支部大会
                                                     
 1回戦       飯 能  69 - 44 城北埼玉
 2回戦       飯 能  60 - 68 ふじみ野
 
※野村 悠河(所沢南陵中出身)、一戸 弥湧史(所沢三ヶ島中出身)の2名が、西部支部エンデバーの候補選手にノミネートされました。
 
 
 ☆新人大会西部支部予選
 
  1回戦       飯 能 108 - 81 新座柳瀬
 2回戦       飯 能  55 - 71 西武文理
 
 

男子バスケット部(2012大会結果)

2012(H24)年度
 
☆春季高校選手権大会
 
 1回戦       飯 能  99 - 70 朝霞西
 2回戦       飯 能  73 - 64 川越東
 ブロック決勝戦   飯 能  63 - 60 川越西
 
26年ぶりに、県大会出場権獲得しました!! 
 
 ☆関東大会県予選
 
  1回戦      飯 能  81 - 76 浦和北 (県ベスト16決め)
  2回戦      飯 能  59 - 87 春日部 (県ベスト8決め)
 
※接戦の末、浦和北高校に勝ち、県ベスト16となりました!!
         

☆インターハイ西部支部予選
 
 2回戦       飯 能  98 - 79 川越工業
 ブロック決勝戦   飯 能  87 - 40 和光国際
 
 2大会連続、県大会出場権獲得しました!!
 
 ☆インターハイ県予選
 
 1回戦       飯 能  71 - 91 埼玉栄
 
※第1クォーターは19対21と頑張りましたが、第2クォーターに離され前半を終了して15点のビハインド。後半は粘って追い上げましたが、結局20点差で負けました。県ベスト32で、3年生は引退となりましたが、これまで朝練習で、自分たちで天覧山に走りに行くなどして、26年ぶりの県大会出場を果たしてくれました。本当によく頑張ってくれました。
 
 
☆西部支部大会
                                                          
 1回戦    シード
 2回戦    飯 能  91 - 80 市立川越
 3回戦    飯 能  74 -107 飯能南
 
西部支部ベスト16となり、新人大会西部支部予選のシード権を獲得しました。
 
※天野 大希(飯能西中出身)、川山 祐大(飯能原市場中出身)、野村 悠河(所沢南陵中出身)の3名が、西部支部エンデバーの候補選手にノミネートされました。
 
☆新人大会西部支部予選
 
 1回戦    シード
 2回戦    飯 能  64 -101 所沢北
 
 

バスケットボールとは・・・

バスケットボールとは、人生そのものである

 オフェンスでは、自分にパスが回ってきてシュートを狙わなければ、決して得点は取れません。
失敗を恐れない勇気が必要です。
 ディフェンスでは、必死にみんなで力を合わせて守らなければ、相手に得点を許してしまいます。仲間との協力が必要です。
 試合時間残り20秒、1点リードしていてオフェンスの時に、すぐにシュートをして外してしまい、相手に速攻をやられて逆転負けをする時もあります。常に時間を意識して行動しなければなりません。
 第3クォーター30対50で負けていたとしても、諦めなければ第4クォーター61対60で試合に勝つこともできます。諦めなければ、奇跡は起こります。
 練習が辛くて、休みたくなる時も、逃げ出したくなる時もあります。しかし、そこで逃げてしまえば、何も達成することはできません。Practice makes perfect.(継続は力なり。)
 
このように、バスケットボールでは、人生にとって大切な事が、いろいろと試されてきます。真剣に取り組めば取り組むほど、自分の人生がどんどんと良くなっていきます。

   心が変われば、態度が変わる。
  態度が変われば、行動が変わる。
  行動が変われば、習慣が変わる。
  習慣が変われば、人格が変わる。
  人格が変われば、運命が変わる。
  運命が変われば、人生が変わる。

 そして、一番大切なのは「心」です。どんなに能力が高いプレーヤーがいたとしても、練習を真面目にやらなかったり、先生がいないとふざけてしまう人がいれば、チーム全体のモーチベイション(意欲)は上がりません。悪い習慣ではなく、良い習慣が身についていけば、必ずバスケットでも勉強でも結果が変わってきて、最終的には人生が変わってきます。

 最後に、一番大切な「心」とは何ですか?それは「考え方」です。

      「能力」×「熱意」×「考え方」   = 人生の結果(バスケットの結果等)

  例①   80 ×   20   ×   +10     =   16,000
  例②   20 ×   80   ×   +10     =   16,000    
  例③  20 ×   80   ×   -10     =  -16,000   
  例④   20  ×   80   × +100   =  160,000

 上の例①から④を見て下さい。例①の人は、「能力」は高いのですが、「熱意」や「考え方」が低いです。これは例②の人と合計得点では変わりません。さらに、例③の人は「考え方」がマイナスなので、合計点がマイナスになってしまいます。ところが、例④の人は「能力」と「熱意」は例②③の人と同じなのですが考え方」がとてもプラス思考なので、合計が16万点にもなっています。要するに、どんなことをやるにしても、Positive Thinking (前向きな考え方)を持って取り組むことが、大変重要なのです。そして、何度失敗しても、挑戦し続けてください。夢は必ず実現します。
                                                                                       BAN   YOSHINORI
                               飯能高校男子バスケットボール部顧問  坂  佳 憲

 

飯能高校を希望する中学生の皆さんへ

 中学時代からバスケットを始め、一生懸命やってきたのに結果がでなかった人、県大会に行けなかった人、決してあきらめるのはまだ早いです。頑張ろうとする意志させあれば、必ず道は開けます。
 飯能高校男子バスケット部は、基礎と礼儀を大切にして、毎日みんなで声を掛け合いながら、良いところはほめ合い、悪いところは直すように努力を続けています。
 目標は、「一つでも多く勝ち進んで、県大会・関東大会に出場することです。」しかし、最大の目的は、「時間を守り、礼儀を大切にして、人に言われなくても自分から積極的に動ける人、社会に出ても、世の中のため、人のために貢献できる人材を育成することです。」
 やる気のある人は、是非、飯能高校男子バスケット部に入部してください。お待ちしています。
 

2012.05~

COUNTER41783