男子バスケット部


チーム名 : HANNO RAMBLERS
部員数  : 23名(2年12名、1年8名、女子マネージャー3名)
【練習日】
■月~金曜日:練習(女バスとの体育館ローテーション)
 ※平日の水曜日は基本的にOFF
■土・日曜日:練習or練習試合など
 (前半→9:00~ 後半→13:00~ 練習時間は2~3時間程度)

  
 (公式戦用ユニフォーム黒・白)     (練習試合用リバーシブル白・紫)
 

日誌

活動日誌
12345
2018/10/16new

男子バスケットボール部 ~西部支部エンデバー練習会~

| by:更新担当

10月14日(日)に所沢北高校を会場に西部地区エンデバーBブロックの練習会が行われ、Ramblersからは2名が参加しました。

佐藤 天馬(2年 飯能・原市場中出身)
山田 翔悟(2年 飯能・加治中出身)

上記の2名は新人戦後の練習会にも参加し、12月に行われる西部バスケットボールカーニバルへ参加資格を争います。そこから、西部支部選抜 → 埼玉県国体チームへとステップアップしていきます。他校から選出された精鋭達としのぎを削り、個人のレベルアップはもとより、その刺激をチームに還元してくれる事を期待しています(^ ^)参加した2名から練習の感想を聞くと、

「凄く疲れました。」 「考える事が多くて、頭の方が疲れました。」

という感想でした。考えることを実践し、尚かつ慣れないメンバーでの練習に体よりも頭脳の疲労がたまっていたみたいです。正しい状況判断でバスケットボールをすること。大切な事を学べたようで、顧問としても嬉しいかぎりです。Ramblersはテスト期間に入ってしまいますが、テスト明けの練習は大いに期待できそうです!


11:24
2018/10/11

男子バスケットボール部 ~練習試合・新人戦抽選会~

| by:更新担当

10月7日(日)@鳩山高校
・鳩山、埼玉平成、八潮南、北本、沼田、富士河口湖

10月8日(月)@飯能高校
・狭山清陵

三連休のうち2日間は練習試合を行いました。西部地区だけでなく、埼玉県内の他地区や県外チームとの試合でRamblesのバスケットボールを練習する本当に良い機会に恵まれました。

7日はハーフゲームを終日実施。本校のテーマは『DF』と『OFの組み立て』の2点です。もちろん、『DF』の中でも細かなテーマを設定しましたが、ここでの記載は控えさせていただきますm(_ _)mこの日にゲームをしたチームは、細かな連携を重視したチームバスケットを展開したかと思えば、コート上の選手ですら圧巻の個人技を要するチームもあり、多様なチームとバスケットができました。ただ各チームに言えることは、『次の大会で結果を出す』という内に秘めた闘志と気迫をもっていること。後述しますが、当然我々もその1つ。この練習試合をきっかけに、チームDFポジショニングとOFの連携が深まってきました。

8日には夏の西部支部大会で対戦した、狭山清陵高校との再戦。夏の時点では、高い個人技と相手ビッグマンに点数を奪われ、苦しみながらの戦いでした。今回も同様に相手のストロングポイントを中心に点数を奪われる展開となりましたが、こちらもストロングポイントを出して良い結果に繋げることができました。そんな中でも、次の課題が明確となったことがチームにとってのプラスとなるでしょう。

課題の発見 → 解決方法の模索 → 試合でのチャレンジ(課題のクリア



このよい流れがRamblersの中で確立されつつある今の状況。選手間のコミニュケーションを中心に目標達成の為に一つ一つ課題をクリアしていきたいと思います。

練習試合をしていただいた各学校の先生方と選手の皆さん、本当にありがとうございました。

さて、タイトルにもあります通り、昨日新人戦の抽選会が所沢市民体育館にておこなわれました。抽選結果ですが、公式発表の前ですのでこの場ではお知らせ出来ませんが、西部地区HPにて公開されましたら、こちらの方でもお知らせしたいと思います。11月は目標である県大会出場のためにチーム全員で挑戦し続けますので、応援宜しくお願い致します!!




11:44
2018/09/27

男子バスケットボール部 ~練習試合~

| by:更新担当

9月22日(土)
・飯能南

昨週の土曜日はお馴染みとなりました飯能南高校にお邪魔し、飯能ダービーを行ってきました。怪我人の復帰に伴い、チームバスケットに厚みが出てきた同校。持ち前の気持ち溢れるDFとスピーディーなバスケットボールで、同じ飯能市内の学校として2校同時県大会が大きく膨らみました(^^)

練習で取り組んでいることが形になりつつあり、個々のスキルアップも見られたこの日。不安材料よりも期待値が上回る試合となりました。コート上の選手は、試合中にプレーを選択していく中で、数多くの迷いに襲われていました。タイムアウトや試合間で「簡単なフロアバランス」を説明すると、ある程度の迷いが払拭され、バスケットの連携がスムーズになっていき、これまでの練習がコート上で表現されていきました。見ているこちらも、「ナイスプレー」と思わず唸る場面がチラホラ。これからは、今の取り組みをしっかりとした土台とし、違うテーマを設定してチーム力の更なる向上を図りたいと思います。

練習試合をしていただいた飯能南高校の堀口先生、選手の皆さん、ありがとうございました。


11:10
2018/09/20

男子バスケットボール部 ~練習試合・合同練習~

| by:更新担当
9月15日(土)
・朝霞

9月17日(月)
・川越市立高階中

先日の3連休では朝霞高校と練習試合、高階中と本校で合同練習を行いました。朝霞高校とは先月行われた狭山キャンプ以来の試合です。同校は先日行われた西部支部大会でシードチームに肉薄するなど、力はシードチームと比較しても遜色ないレベルです。本校との試合でも、前半は点差も離れることなくクロスゲームとなりましたが、後半はその流れが一変。Ramblersのミスとインサイドを中心としたOFを止められず敗戦してしまいました。この日は2チームに分かれて試合となりましたが、両チームに共通していたことは、「後半の集中力と戦い方」でした。西部支部大会で出た課題が再び挙がり、この点を改善させることが新人戦の鍵となることが明確となった試合でした。

高階中は川越と遠方ではありますが、初めての合同練習の実施となりました。ミニバスの地盤がしっかりしている地区で育った選手であり、共に実施したファンダメンタルやシュートドリルでも良い傾向や習慣が見られました。Ramblersの面々も見習わなければいけない点もあり、ゴールデンエイジに費やす時間の重要性を痛感しました。その後のゲーム形式では、スキルはあるものの、高校生と中学生の決定的とも言える体格差で圧倒されてしまい、高いスキルを発揮するにはいたらず。筋力を含む体力強化を掲げる我々にとって、この合同練習がきっと自分たちの課題に気づける時間だったと確信しています。

朝霞高校・高階中の先生方と選手の皆さん、応援に足を運んで頂いた保護者の皆様、本当にありがとうございました。

11:38
2018/09/03

男子バスケットボール部 ~練習試合@飯能高校~

| by:更新担当

9月1日(土)
・川越初雁
・飯能南

 夏休みも残り僅かとなった日に、上記2校と練習試合を行いました。チームコンディションなどの関係で、過日行われた大会ではベストパフォーマンスとは言えなかった両校。お互いパッシングバスケットを身上とし、激しいDFを持ち味とする素晴らしいチームです。こんな絶好の機会に我々は、新しいバスケットの構築と今自分たちのが持つ課題を確認しながらの試合となりました。

 夏の西部支部大会で上位に入ったチームは、身長・体格が下位回戦で敗退のチームと比較すると雲泥の差が見られました。2学期以降は本格的な体作りを掲げ、選手の体力強化に努めていきたいと思います(^^)ただ、体を作ってもバスケットがしっかりしなければ意味がありません。個々のスキルで課題となる事をピックアップし、その修正と改善に時間を割きたいと思います。まだまだ伸びしろ十分のRamblersの成長をお楽しみに!

 練習試合をしていただいた各学校の先生方、選手の皆さん、本当にありがとうございました。


11:42
2018/08/29

男子バスケットボール部 ~西部支部大会 結果報告②~

| by:更新担当
8/27(月) 3回戦
飯能 ● 58-82 ○ 坂戸
(11-13、18-19、13-27、16-23)



上記結果の通り3回戦で敗退となり、地区ベスト8に進出することは出来ませんでした。

身長差をどうやって穴埋めするのか、リバウンドをどうやって争うかなどをテーマに試合に臨みました。前半はミスが要所で出てしまいましたが、DFが上手く機能し相手にインサイドで得点を許すことはほとんどありませんでした。後半に入り、こちらの足が止まりリバウンドを取られ始めるとそこから流れが傾き始めました。相手のDFシステムの変更に対してもアジャスト出来ず、悔しい敗退となってしまいました。

そんな中でも、チームとして、個人として課題が浮き彫りとなったことが大きな収穫です。筋力や持久力などの体力、シュート技術、DFの連携など秋の新人戦までに大きく飛躍するために次回の練習から取り組んでいきたと思います。選手は地区ベスト8まで手が手が届きそうで届かなかったこの悔しさを、絶対忘れずに新人戦までの時間を過ごしましょう。

当日に応援のために会場まで足を運んでいただいた保護者の皆様、女バス諸君、飯能高校関係の皆様、本当にありがとうございましたm(_ _)m選手は酷暑の体育で合宿、練習試合、限られた練習でよく頑張ってくれました。今後も飯能高校Ramblersの応援を宜しくお願い致します。

Pray,and any flower of yours will come out.
(念ずれば花開く)

10:48
2018/08/24

男子バスケットボール部 ~西部支部大会 結果報告①~

| by:更新担当

8/22(水) 2回戦
飯能 ○ 93-72 ● 狭山清陵
(34-17、14-31、24-8、21-16)

 まずは今大会の告知をせずに当日を迎えてしまったことをお詫び申し上げます。それにも関わらずたくさんの保護者の皆様・本校職員・OBを含む本校生徒よりたくさんの声援を頂くことができました。この場を借りて感謝申し上げます。

 試合の方はスコア通り浮き沈みの大きな試合となりました。初陣となった前回大会で敗れているだけに、選手は少なからず不安があったようです。同点で前半を終えてから後半への入りが不安でしたが、K-cupや合宿、数多くの練習試合を通じて経験を積んだきた成果が出て、再度点差を離すことができました。10人程度でプレータイムをシェアしながら、集中力を切らすことなく飯能高校のバスケットボールが遂行できました。次戦までの時間を有益に使い、全員で戦う準備をしたいと思います。

【3回戦】
◆日時:8月27日(月) Pコート第3試合 13:00~
◆相手:坂戸高校
◆会場:所沢市民体育館

引き続き応援宜しくお願い致しますm(_ _)m


11:35
2018/08/16

男子バスケットボール部 ~K-cup・六日町合宿・練習試合etc~

| by:更新担当
 前回の更新から滞っておりました。この半月ほどでRamblersは色々な所へお邪魔し、本当にたくさんのチームと練習試合をしてもらう機会を頂きました。本当に感謝です。報告を順を追って・・・

【K-cup】
前回の記事にも記載した通り、西部地区を中心とした様々なチームと試合をしました。結果は2勝7敗1分と言う結果になりました。体の強さに圧倒され、バスケットボールのスキルに圧倒され、身体能力に圧倒され・・・壁にぶつかりっぱなしの2日間でしたが、この2日で得た物や感じたことは体育館での練習では比べものにならない物となりました。顧問も考え、生徒も考え、成功したことを自信にしてまた失敗する。この繰り返しの中でチームとしてまた1つ階段を昇ることができました。
ちなみに、K-cupの『K』ですが過去に川越南高校を全国大会へ導いた柏瀬先生のイニシャルのKから取ったものです。誰しもが慕うその人柄であったと聞いております。顧問のそんな名将を目指し勉強あるのみです。

【六日町合宿】
8月5~8日の4日間は新潟県六日町へ合同合宿へ行ってきました。毎年参加させてもらっているこの合宿で生徒はバスケットボールの成長だけでなく、朝起きてから夜寝るまで仲間と生活を共にするため『周囲への気配り』を学ぶ機会となりました。

この合宿中は我々が学ぶべき点がたくさん存在しました。一度だけ試合をさせてもらえた市立尼崎高校の体の強さは日頃の練習試合では体感できないものでした。加えて公立高校という我々とほとんど同じ条件下であれだけの体躯を養うことは並大抵の努力では無いはず。まだまだ、我々の努力が足りないということを痛感しました。

とはいえ、丸4日間バスケット漬けとなった選手達はバスケットへの意識のみならず、私生活から食事への意識が格段に成長しています!!(と心底願うばかり)本当に内容のある4日日間を過ごす事ができました。

【練習試合,etc】
 今年の夏休みは例年に無く練習試合が目白押しです。秩父で練習試合、飯能南で練習試合、狭山工業で練習試合、飯能高校で練習試合などなど試合を通じてチームの約束事や連携を深めているところです。まだまだ足りない点ばかりですが、最近の練習で強調していることは、、、

ファンダメンタル

試合を重ねる度に、パス・DF・リバウンドなどの姿勢や強さ、正確さや速さなどが足りないと痛感しています。強いチームはしっかりとしたファンダメンタルが備わっていることも試合を通じて再確認しました。やっぱり原点に帰るんですね。大会までの残り少ない時間はファンダメンタルを中心にチームの底上げに尽力したいと思います。

K-cupを運営して頂いた先生方と審判をしていただいた皆様、合宿の運営に協力頂いた睦荘の皆様、各会場校の先生方と選手の皆さん、練習試合の応援に足を運んで頂いた保護者の皆様、
遅くなりましたが本当にありがとうございました。
15:33
2018/07/27

男子バスケットボール部 ~部活動体験~

| by:更新担当

 7月25日(水)本校にて中学3年生を対象とした部活動体験が行われました。今回13名もの中学生が参加してくれたことに感謝しかありません。また、この日は新座高校・飯能市立加治中学校を招いての合同練習を行ったので、猛暑の体育館は50名を超えるバスケットボーラーで賑わいました。恐らく過去最高に近い人口密度だったはず(^^;)

 連日の猛暑続きでこの日も熱中症が心配されましたが、体調不良者も出ず全員がバスケットボールを楽しめていました。何より、僅かな時間で少しの成長が垣間見えた選手もちらほらいたので暑い中で練習をした意味がありました!!是非また一緒に練習をしましょう!!

 夏休みは始まったばかりですが、明日から毎年参加しているK-cupに参加してきます。西部支部の強豪校だけでなく、他地区の高校とも試合ができる貴重な機会です。少しでもチーム・個人が成長できるよう気持ちを込めてバスケットボールをしてきます(^^)結果については後日お知らせしますので、応援宜しくお願い致します。

【K-cup】
7月28日(土) @川越南高校
vs埼玉平成、ふじみ野、所沢西、KJBA(中学クラブチーム)、滑川総合、川越南
7月29日(日) @川越東高校
vs川越西、川越工業、城西川越、豊岡


11:45
2018/07/24

男子バスケットボール部 ~ウィンターカップ西部支部予選 結果報告~

| by:更新担当

 7/16(月) 2 回戦
飯能 ● 54-72 ○ 市立川越
(15-13、18-16、12-26、9-17)

 先日の大会結果を報告致します。連日の猛暑が続いおりますが、大会当日も例外ではありませんでした。新チームとなり初の公式戦を勝利で飾れなかった事に悔しさが大きくこみ上げてきますが、現チームで公式戦を経験出来たという大きな収穫を得る事が出来ました。

 試合序盤からぎこちなさと練習不足からの連携ミスが目立ち得点が伸びませんでした。加えて、相手チームの注意すべきことを確認しましたが、ことごとく点数を献上してしまいました。。。劣勢の試合展開でしたが、前述の経験値に加えて1年生の躍動と新メンバーの台頭もチームにとってプラス材料となりました。

 次なる大会は8月の西部支部大会となります。今大会は3年生を主体として戦うチームも見られましたが、次の大会は全チームが同じ条件で戦うこととなります。目標は地区のベスト4!!今回の悔しさを忘れず、この夏休みをすごしたいと思います。その為に、今週末のK-cup・新潟合宿などをつうじて少しでもレベルアップしていきます!!今後も引き続き応援を宜しくお願い致します。大会の詳細についてはまた後日お知らせしたいと思います。

The possibillities are infinite.
可能性は無限大



09:41
12345

2014県大会(※黒のユニフォーム:飯能高校)

2012県大会(※白のユニフォーム:飯能高校)

男子バスケット部(2016大会結果)

2016(H28)年度

☆春季高校選手権大会
 
2016.04.30 1回戦       飯 能  79 - 66 市立川越
2016.05.03 2回戦       飯 能  59 - 78 入間向陽


☆インターハイ西部支部予選
2016.05.28 1回戦       飯 能  55 - 85 坂戸西
 

男子バスケット部(2015大会結果)


2015(H27)年度
                                                          
☆春季高校選手権大会
 
 2015.04.26 1回戦       飯 能 124 - 66 西武台 
 2015.04.28 回戦       飯 能  68 - 80 豊 岡

☆インターハイ西部支部予選
 
 2015.06.02   1回戦       飯 能  79 - 69 朝 霞
 2015.06.05   2回戦         飯 能  46 - 71 川越東   
 
☆西部支部大会
                                                     
 2015.08.17    1回戦       飯 能  48 - 77 細田学園
                                          
 ※1年生の本吉 凌大(所沢美原中出身)、原田 光太朗(所沢小手指中出身)、新堀 優人(日高高麗川中出身)の3名が、西部                            支部エンデバーの候補選手にノミネートされました。

☆新人大会西部支部予選
                                                     
 2015.11.01        1回戦       飯 能  75 - 79 星野
                                          


 

男子バスケット部(2014大会結果)

2014(H26)年度
                                                          
☆春季高校選手権大会
 
 2014.04.26 1回戦       飯 能  89 - 49 狭山工業(シード校)
 
 2014.04.29 回戦       飯 能  75 - 71 和光国際
 2014.05.02 ブロック決勝戦    飯 能  72 - 67 川越東(シード校)         
2年ぶりに、県大会出場権獲得しました!!

☆関東大会県予選
 
 2014.05.09  1回戦       飯 能  73 - 45 杉戸    (県ベスト16決め)
 2014.05.12  2回戦       飯 能  44 -104 正智深谷 (県ベスト8決め)

※杉戸高校に勝ち、2年ぶりに県ベスト16となりました!!


☆インターハイ西部支部予選
 
                    1回戦       シード
 2014.06.06   2回戦       飯 能  69 - 64 埼玉平成
 2014.06.08   ブロック決勝戦    飯 能  42 - 50 川越西   
 
☆西部支部大会
                                                     
 2014.08.23   1回戦       飯 能  89 - 74 志木
 2014.08.28   2回戦       飯 能  75 - 48 川越工業
 2014.08.31   3回戦       飯 能  70 -123 川越南                                                                                      

※西部支部ベスト16となり、シード権を獲得しました。
※小林 優仁(飯能原市場中出身)、小西 智士(飯能西中出身)、伊藤 拓巳(所沢中出身)の3名が、西部支部エンデバーの候補選手にノミネートされました。

☆新人大会西部支部予選

                    1回戦       シード
 2014.11.15   2回戦       飯 能  71 - 66 坂戸
 2014.11.17   3回戦       飯 能  65 - 67 川越東
 2014.11.21   敗者復活1回戦 飯 能  58 - 74 武蔵越生

   2014.11.23   敗者復活2回戦 飯 能  67 - 66 志木

県大会出場権獲得
しました!!

 男アベックでの県大会出場は、実に、28年ぶりの快挙です!!

☆新人大会県予選
 
 2015.01.11  1回戦       飯 能  51 - 65 所沢西

 

男子バスケット部(2013大会結果)

2013(H25)年度
 
☆春季高校選手権大会
 
 1回戦       飯 能  97 - 68 志 木
 2回戦       飯 能  79 - 82 山村学園
 
         
☆インターハイ西部支部予選
 
 1回戦       飯 能 169 - 16 自由の森
 2回戦       飯 能  72 - 86 飯能南
 
 
☆西部支部大会
                                                     
 1回戦       飯 能  69 - 44 城北埼玉
 2回戦       飯 能  60 - 68 ふじみ野
 
※野村 悠河(所沢南陵中出身)、一戸 弥湧史(所沢三ヶ島中出身)の2名が、西部支部エンデバーの候補選手にノミネートされました。
 
 
 ☆新人大会西部支部予選
 
  1回戦       飯 能 108 - 81 新座柳瀬
 2回戦       飯 能  55 - 71 西武文理
 
 

男子バスケット部(2012大会結果)

2012(H24)年度
 
☆春季高校選手権大会
 
 1回戦       飯 能  99 - 70 朝霞西
 2回戦       飯 能  73 - 64 川越東
 ブロック決勝戦   飯 能  63 - 60 川越西
 
26年ぶりに、県大会出場権獲得しました!! 
 
 ☆関東大会県予選
 
  1回戦      飯 能  81 - 76 浦和北 (県ベスト16決め)
  2回戦      飯 能  59 - 87 春日部 (県ベスト8決め)
 
※接戦の末、浦和北高校に勝ち、県ベスト16となりました!!
         

☆インターハイ西部支部予選
 
 2回戦       飯 能  98 - 79 川越工業
 ブロック決勝戦   飯 能  87 - 40 和光国際
 
 2大会連続、県大会出場権獲得しました!!
 
 ☆インターハイ県予選
 
 1回戦       飯 能  71 - 91 埼玉栄
 
※第1クォーターは19対21と頑張りましたが、第2クォーターに離され前半を終了して15点のビハインド。後半は粘って追い上げましたが、結局20点差で負けました。県ベスト32で、3年生は引退となりましたが、これまで朝練習で、自分たちで天覧山に走りに行くなどして、26年ぶりの県大会出場を果たしてくれました。本当によく頑張ってくれました。
 
 
☆西部支部大会
                                                          
 1回戦    シード
 2回戦    飯 能  91 - 80 市立川越
 3回戦    飯 能  74 -107 飯能南
 
西部支部ベスト16となり、新人大会西部支部予選のシード権を獲得しました。
 
※天野 大希(飯能西中出身)、川山 祐大(飯能原市場中出身)、野村 悠河(所沢南陵中出身)の3名が、西部支部エンデバーの候補選手にノミネートされました。
 
☆新人大会西部支部予選
 
 1回戦    シード
 2回戦    飯 能  64 -101 所沢北
 
 

バスケットボールとは・・・

バスケットボールとは、人生そのものである

 オフェンスでは、自分にパスが回ってきてシュートを狙わなければ、決して得点は取れません。
失敗を恐れない勇気が必要です。
 ディフェンスでは、必死にみんなで力を合わせて守らなければ、相手に得点を許してしまいます。仲間との協力が必要です。
 試合時間残り20秒、1点リードしていてオフェンスの時に、すぐにシュートをして外してしまい、相手に速攻をやられて逆転負けをする時もあります。常に時間を意識して行動しなければなりません。
 第3クォーター30対50で負けていたとしても、諦めなければ第4クォーター61対60で試合に勝つこともできます。諦めなければ、奇跡は起こります。
 練習が辛くて、休みたくなる時も、逃げ出したくなる時もあります。しかし、そこで逃げてしまえば、何も達成することはできません。Practice makes perfect.(継続は力なり。)
 
このように、バスケットボールでは、人生にとって大切な事が、いろいろと試されてきます。真剣に取り組めば取り組むほど、自分の人生がどんどんと良くなっていきます。

   心が変われば、態度が変わる。
  態度が変われば、行動が変わる。
  行動が変われば、習慣が変わる。
  習慣が変われば、人格が変わる。
  人格が変われば、運命が変わる。
  運命が変われば、人生が変わる。

 そして、一番大切なのは「心」です。どんなに能力が高いプレーヤーがいたとしても、練習を真面目にやらなかったり、先生がいないとふざけてしまう人がいれば、チーム全体のモーチベイション(意欲)は上がりません。悪い習慣ではなく、良い習慣が身についていけば、必ずバスケットでも勉強でも結果が変わってきて、最終的には人生が変わってきます。

 最後に、一番大切な「心」とは何ですか?それは「考え方」です。

      「能力」×「熱意」×「考え方」   = 人生の結果(バスケットの結果等)

  例①   80 ×   20   ×   +10     =   16,000
  例②   20 ×   80   ×   +10     =   16,000    
  例③  20 ×   80   ×   -10     =  -16,000   
  例④   20  ×   80   × +100   =  160,000

 上の例①から④を見て下さい。例①の人は、「能力」は高いのですが、「熱意」や「考え方」が低いです。これは例②の人と合計得点では変わりません。さらに、例③の人は「考え方」がマイナスなので、合計点がマイナスになってしまいます。ところが、例④の人は「能力」と「熱意」は例②③の人と同じなのですが考え方」がとてもプラス思考なので、合計が16万点にもなっています。要するに、どんなことをやるにしても、Positive Thinking (前向きな考え方)を持って取り組むことが、大変重要なのです。そして、何度失敗しても、挑戦し続けてください。夢は必ず実現します。
                                                                                       BAN   YOSHINORI
                               飯能高校男子バスケットボール部顧問  坂  佳 憲

 

飯能高校を希望する中学生の皆さんへ

 中学時代からバスケットを始め、一生懸命やってきたのに結果がでなかった人、県大会に行けなかった人、決してあきらめるのはまだ早いです。頑張ろうとする意志させあれば、必ず道は開けます。
 飯能高校男子バスケット部は、基礎と礼儀を大切にして、毎日みんなで声を掛け合いながら、良いところはほめ合い、悪いところは直すように努力を続けています。
 目標は、「一つでも多く勝ち進んで、県大会・関東大会に出場することです。」しかし、最大の目的は、「時間を守り、礼儀を大切にして、人に言われなくても自分から積極的に動ける人、社会に出ても、世の中のため、人のために貢献できる人材を育成することです。」
 やる気のある人は、是非、飯能高校男子バスケット部に入部してください。お待ちしています。
 

2012.05~

COUNTER34968